毎日更新!今日の一句4/17

「大またで 蹴って歩くは やっちゃダメ」

大きな歩幅でしっかり蹴って歩きましょう、とウォーキングの本によく書いてあります。

私は常々、これは故障のもとだと考えています。

先日も、それを実践してハムストリング(もも裏)を傷めた方が来院されました。

歩幅は推進力が出る結果として、自然に広がるのが理想です。

そして推進力を生むのは上半身です。

当院で足よりも腕や肩甲骨のことをアドバイスすることが多いのは、そのためです。