頭痛

もりたカイロプラクティックには「慢性頭痛」で来院される方が多くおられます。原因となる筋肉や当院の施術についてご説明します。

頭痛の種類

頭痛は、大きく分けて、

  1. 一次性頭痛 ― 頭痛そのものが原因。片頭痛・緊張型頭痛・群発性頭痛など。
  2. 二次性頭痛 ― 脳出血や脳腫瘍など他の病気が原因。

の2つに分けられます。

このうち、1.一次性頭痛が「慢性頭痛」に当たりますが、中でも片頭痛と緊張型頭痛の方が当院のおもな施術対象となります。

片頭痛と緊張型頭痛

「片頭痛」は、ズキンズキンとした拍動性の痛みが特徴です。片側のみとは限らず両側性のこともあり、閃輝暗点(目の前に光が走るなど)とよばれる前兆を伴うケースもあります。

「緊張型頭痛」は、首こりや肩こりからくる頭痛で、文字どおり筋緊張が原因です。この頭痛の正体は、筋肉の硬結であるトリガーポイント(引き金点の意味)からの関連痛です。

当院ではトリガーポイントを緩める施術を得意としていますので、直接的にはこの緊張型頭痛に効果的な施術といえます。ただし慢性頭痛の方は片頭痛と緊張型頭痛を併せ持っていることが多く、結果的には両者ともに改善を図ることになります。

頭痛を引き起こすトリガーポイントの例

頭痛の原因となる代表的な筋肉とトリガーポイントをご説明します。

「後頭下筋群」は、後頭骨の下縁と上位頚椎を結ぶ小さな筋肉群です。ムチウチで損傷し、その後トリガーポイントが形成されるケースもあります。

後頭下筋群のトリガーポイントと関連痛領域

「頚板状筋」は後頚部の筋肉のひとつで、頭を後ろへ倒す動作に関わります。猫背姿勢などで頭が前方に突っ込むと、後ろから常に頭を支えることになり、過緊張を起こします。

頚板状筋のトリガーポイントと関連痛領域

「僧帽筋」は頚肩部から背部までの広い範囲をおおう大きな筋肉です。肩こりからくる頭痛の主要因となります。

僧帽筋のトリガーポイントと関連痛領域

このように頭痛は筋肉のこり(トリガーポイント)からも生じます。痛む箇所が、トリガーポイントの箇所とは離れているのも特徴です。

もりたカイロプラクティックで行うこと

もりたカイロプラクティックでは、

  1. トリガーポイントセラピーで筋肉を緩める
  2. 硬くなった関節を緩める
  3. 体操や体の使い方をご指導する

の3つのアプローチで改善を図ります。

1.トリガーポイントセラピーで筋肉を緩める

痛みの原因となっているトリガーポイントを触診し、手技により緩めていきます。施術でもっとも時間をかけるところです。トリガーポイントを押圧すると「頭にビーンと響きます」と言われます。そこが原因であることを実感していただけるでしょう。

後頚部への施術

2.硬くなった関節を緩める

筋肉が硬くなれば、必然的に関節も硬くなり、動きが悪くなります。筋肉を緩めたあとに、関節も手技を用いて無理なく緩め、可動域を回復していきます。

3.体操や体の使い方をご指導します

日頃行っていただきたい体操などを、丁寧にご指導いたします。その人に合った、手軽で継続しやすいものばかりです。実践していけば、かならず体は変わります。

3つのアプローチで体が変わる!

施術においては、訴えのある箇所を中心としながらも、あくまでも全身施術を基本としています。たとえば首の歪みの原因が、足首や股関節といった下肢の問題にあることも少なくありません。また、最終的には全身の血流を促進することを重視しますので、そのためにも全身施術が大切になります。

※ご質問などがありましたら、「お問合せページ」からお寄せください。
※以下のページも参考にしてみてください。