頭痛

慢性頭痛の多くは、

  1. 緊張型頭痛/肩こりなどの筋肉の緊張からくるもの。頭重感、締め付け感、目の奥の痛みなど。
  2. 片頭痛/動脈の拡張からくるもの。ズキズキと脈に合わせて痛む。

のいずれかに当てはまります。

両方を併せ持っておられる方も、少なくありません。

もりたカイロプラクティックの施術は、筋肉のこりをていねいにほぐすことを重視していますので、「緊張型頭痛」に最適の施術です。

緊張型頭痛の原因はトリガーポイント

「緊張型頭痛」は、首こりや肩こりからくる頭痛で、文字どおり筋肉の緊張が原因です。

この頭痛の正体は、筋肉の硬結である「トリガーポイント(引き金点の意味)」からの関連痛です。

トリガーポイントとは、筋肉にできる「強いこり(硬結)」のことで、離れた場所にも痛みを飛ばす性質があります。

これを「関連痛」といいます。

別の場所にも痛みを引き起こすということで、「引き金点=トリガーポイント」と呼ばれます。

頭痛を引き起こすトリガーポイントの例

頭痛の原因となる代表的なトリガーポイントを、ご説明します。

後頭下筋群

「後頭下筋群」(こうとうかきんぐん)は、後頭骨の下縁と頚椎を結ぶ小さな筋肉群です。

ムチウチで損傷し、その後トリガーポイントが形成されるケースもあります。

(下図;✕印がトリガーポイント、赤色が関連痛の生じる場所です)

後頭下筋群のトリガーポイントと関連痛領域

頚板状筋

「頚板状筋」(けいばんじょうきん)は後頚部の筋肉のひとつで、頭を後ろへ倒す動作に関わります。

猫背姿勢などで頭が前方に突っ込むと、後ろから常に頭を支えることになり、緊張を強いられます。

頚板状筋のトリガーポイントと関連痛領域

僧帽筋

「僧帽筋」は頚肩部から背部までの広い範囲をおおう大きな筋肉です。

肩こりからくる頭痛の主な要因となります。

僧帽筋のトリガーポイントと関連痛領域

もりたカイロプラクティックで行うこと

もりたカイロプラクティックでは、

  1. トリガーポイントセラピーで筋肉をゆるめる
  2. 硬くなった関節をゆるめる
  3. 体操や体の使い方を指導する

の3つのアプローチで改善を図ります。

1.トリガーポイントセラピーで筋肉をゆるめる

痛みの原因となっているトリガーポイントを、手技によりていねいにゆるめていきます。

ここが、もっとも重視する過程です。

押圧すると、「頭にビーンと響きます」などと言われます。

受けた感覚は「イタ気持ちいい」ものですので、ぜひ体験していただきたいと思います。

後頚部への施術

2.硬くなった関節をゆるめる

筋肉が硬くなれば、当然、関節も硬くなって動きが悪くなります。

筋肉をゆるめたあとに、関節も手技を用いて無理なくゆるめ、動きを良くしていきます。

ボキボキ音が苦手な方や、ご高齢の方には、音のなる手技は使わず、別の方法で代替します。

3.体操や体の使い方をご指導します

日頃行っていただきたい体操などを、ご指導いたします。

その人の状態の応じて提案するので、手軽で継続しやすいものばかりです。

実践していけば、かならず体は変わります。

3つのアプローチで体が変わる!
施術においては、訴えのある箇所を中心としながらも、あくまでも全身施術を基本としています。たとえば首の歪みの原因が、足首や股関節といった下肢の問題にあることも少なくありません。また、最終的には全身の血流を促進することを重視しますので、そのためにも全身施術が大切になります。

◆以下のページも参考にしてみてください。
 → 「トリガーポイントセラピー」

◆お問い合わせはこちらからどうぞ
 → 「お問い合わせフォーム」

タイトルとURLをコピーしました