ぶら下がりで呼吸を改善しよう

こんにちは。院長もりたです。

今回は、ぶら下がりがもたらす“意外な効果”についてです。意外とはいっても実はものすごく重要なことです。それは、

「呼吸の改善」です。

きれいに「万歳」ができますか?

まずは簡単な動作テストをやってみましょう。

【両腕をまっすぐ伸ばして「万歳」してみてください。】

きれいに万歳できますか?
腕が耳にぴたっと付きますか?

けっこう難しいと感じる人が多いのではないでしょうか(特に男性)。かく言う私もちょっとプルプルしてしまって、ラクに上がるとはいえません。

(けっこうキツい…)

これを難しく感じるということは、

  • 背中
  • 広くは腰のあたりまで

の筋肉が硬くなっている証拠です。

これらの筋肉が硬くなると、肩のこり・痛みに悩まされるだけではありません。

それにも増して怖いのは、「呼吸が浅くなること」です。

呼吸の仕組み

「呼吸」って、肺がふくらんだり縮んだりして行いますね。

これ、肺が自分で動いているわけではないって知ってました?

私はこのことをカイロプラクティックの学校で知って驚きました。当時使っていた教科書にこうあります。

呼吸は、肺が自分の力でふくらんだりちぢんだりして行うのではない。肺の入っている胸郭が、横隔膜、肋間筋などの働きにより拡張・収縮するのに従って、受動的に行われる。

肺は「受動的に」ふくらんだり縮んだりしているだけなんです。いやぁ、びっくり。

ここでポイントになるのが「胸郭」です。 <胸郭が・・・拡張・収縮するのに従って>とあるとおり 、呼吸のときに動くのは肺ではなくて、この「胸郭」なんですね。

「胸郭」は、あばら骨がつくるカゴのようなもので、「肺」はここに入っています。このカゴが、一息ごとに開いたり、閉じたりしている。それに伴って、肺が広がったり縮んだりして空気の出し入れが行われているのが呼吸です。

(肺は胸郭の拡張・収縮に伴い受動的に動いている)

肩の可動域が狭いということは・・・

で、くり返しますが、すっと万歳できない人は肩回りや背中・腰の筋肉が硬くなっています。

それは何を意味するのか?

胸郭の周りの筋肉が硬くなっている = 胸郭の拡張・収縮を抑え込んでいる

あえて怖い表現をすると、

本来弾力のある「胸郭」の周りを、セメントで固めてしまった状態

です。

肩の可動域が狭くなっているのは、そんな状況になりつつあるというわけです。当然、ゆったりとした呼吸が難しくなります。

肩の可動性が悪い = 胸郭の動きが悪い = 呼吸が浅い

さあ、ぶら下がろう!

そこで思いだしてもらいたいのが、前々回「ぶら下がり健康器」の効果的な使い方に出した一連の写真です。

こんにちは、院長もりたです。 その昔、大流行した健康器具といえば「ぶら下がり健康器」。 いまとなっては、店頭でまったく...

いかがです?

赤ラインのあたりが特にストレッチされているんですけど、「胸郭」周りの筋肉が一気に伸ばされていることがおわかりいただけると思います。

「胸郭」を抑えつけていたセメントがほぐれ、「呼吸」がゆったりとラクにできるようになります。

これが、ぶら下がりの“意外な効果”です。

まとめ

「呼吸」は健康の土台です。ぶら下がることで、肩回りを軟らかく保ち、ゆったりとした良質な「呼吸」を維持していきましょう。

さっそく私もぶら下がります!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。