肩がこったらやってみて!「ダンベル回し」は肩こり解消にうってつけ

こんにちは、院長もりたです。

コロナ自粛で外出が制限され、自宅にこもりきりのひとも多いでしょうね。

そうなると、

パソコン・スマホを見る時間が増える → 肩がこる

さらに、

暗いニュースでストレス倍増 → なおさら肩がこる

という負のスパイラル!

ほんと、疲れますよね、、、

私も例外ではなく、「あー、肩こるー」という昨今です。

というわけで今回は、私自身が「肩こったー」というときに、まっ先に行う“即効肩こり解消エクササイズ”をご紹介します。

どんなエクササイズかといいますと、

「ダンベル回し」

です。

小さなダンベルを持って、腕をグルグル回すだけ。

では、ごいっしょにやってみましょう。

肩こり解消「ダンベル回し」のやり方

  1. ウォーキングダンベルを、指を掛けるように軽く握る
  2. 両足を肩幅より少し広めに開き
  3. 腕をしっかり伸ばして「後ろ回し」で20~30回大きく回す
  4. つぎに「前回し」で同じく20~30回大きく回す
  5. 反対側の腕も行う
肩こり解消ダンベル回しの後ろ回し
(後ろ回しで20~30回)
肩こり解消ダンベル回しの前回し
(前回しで20~30回)

意識してもらいたいポイントを、もう少し解説しますね。

ポイント①「ウォーキングダンベル」を使う

ダンベルは、指を掛けて握ることができる「ウォーキングダンベル」を使ってください。

(リング状になっている)

この「ダンベル回し」は、

力まずに回す

ところに特長があります。

そのためダンベルはギュッと握らず、指を掛けるようにして“軽く”握ります。

それには、リング状になっている「ウォーキングダンベル」が最適です。


【注意】
「通常のダンベル」(下写真)は滑ってすっぽ抜けたりして危険ですので、使わないでください。
「ペットボトル」も同様にすっぽ抜けると危険ですので、使わないようにしましょう。

ふつうのダンベルの写真
(通常のダンベルやペットボトルは使わないこと)

ウォーキングダンベルは、「0.5~1キロ」と重すぎないのも利点です。
女性は「0.5キロ」で十分でしょう。
スポーツ店やホームセンターなどで千円前後で売っていますし、ネットでも入手できます。

ウォーキングダンベル 0.5kg 2個セットSINTEX STW-064

ポイント②遠心力を使って大きな円を描く

「肩こりのひとは、腕を回しましょう」とは、よく言われるところですが、ほとんどの場合、肘を曲げてこじんまりと回す程度ですよね。
それでは、十分とはいえません。

この「ダンベル回し」では、肘をしっかり伸ばして目一杯大きな円を描くように回します。

後方まで大きく回すことで、胸が開き、姿勢も改善されます。

遠心力を使って回す

と、より大きな円を描けます。

ダンベルを持つのも、遠心力をより感じやすくするためです。鍛えるためではありませんよ。

ポイント③20~30回回す

「肩を回しましょう」といわれても、どうでしょう、10回くらいで終わっていませんか?

「ダンベル回し」では、“20~30回”を推奨しています。

「後ろ回し」「前回し」それぞれ“20~30回”です。

実際に皆さんにやってもらうと、10回でも「けっこうキツい」と驚かれます。

30回も回すと、肩回りはグリングリンに動くので、よくほぐれますよ!

回し方のポイントを整理しましょう。

  1. 力まずに軽く握って
  2. 遠心力を使ってブルンブルンと
  3. 後方も肘を伸ばして大きな円を描くように
  4. 後ろ回し・前回しとも20~30回

です。

実際にやっている映像

実際にやっている映像です。
ブルンブルンの感じが伝わると思います。

ダンベル無しでも効果あり

とはいえ、いますぐウォーキングダンベルを持っているひとは少ないかもしれませんね。

大丈夫です。

ダンベルを持たずに“から手”で行なっても、十分効果があります。

やはり力まずに、腕の重さを感じて遠心力を使いながら、目一杯大きく回してください。

ここからは蛇足

これは蛇足なんですが、この「ダンベル回し」、何かに似てるでしょう?

そう、昔懐かしい「バケツ回し」です!

志村けんさんが、ヒゲダンスでやっていたアレです。

(最高のコンビでした)

皆さんにダンベル回しをやってもらうときに、「昔、水の入ったバケツとか回したでしょう、あの感じですよ」と言っても、「わたし、したことありません」って返されることがあるんですよね。

世代で分かれますかね(笑)

まさに、あのバケツ回しの要領でやってもらうといいですね。

さすがにこれ↓は行き過ぎですが・・・(>。<)

(よくこんなの生放送でやってたなー)

まとめ

いかがでしょう、「ダンベル回し」やってみたくないですか?

「継続的にとか苦手~」
「狭い場所でもパッとできたらいいんだけど~」

といったひとにも、うってつけです。

「あー、肩こったな」と感じたときに、サッとやってみてください。
スッキリすること、間違いなしですよ!

ちなみに私は、すぐできるよう手の届くところに常備しています(^^)/

今回ご紹介した「ダンベル回し」は、前回の「足踏み運動」と合わせて行ってもらうと、より効果的です。お試しあれ。

こんにちは、院長もりたです。 世の中、自粛要請で外出もままならない事態となっていますね。 そんな中注目されているのが、おうちで...

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※くれぐれもダンベルがすっぽ抜けたり、周りの人や物に手がぶつからないよう注意してください。
※ドリフの画像はYouTubeの動画(https://youtu.be/fTdCUHmg5XI)から加工させていただきました。いま見ても、めちゃくちゃ面白い。