筋トレはメトロノームを使うと効果的【おすすめ種目4選】

こんにちは、院長もりたです。

ステイホーム期間中に、自宅でできるトレーニングがすっかり定着した感がありますね。

わたしも折にふれて紹介していますが、きょうは「メトロノーム」を使ったトレーニングをご紹介します。

メトロノーム。

そう、よくピアノの上に置いてある、あのリズムを正確に刻んでくれるやつですよ!

わたしはアコースティックギターが好きなんですけど、練習でメトロノームを使うことがよく推奨されます。

使ってみると、なるほどびっくり。

自分勝手に弾くといかにリズムが狂っているかが、よくわかります。

トレーニングも同じで、自分でカウントしながらやっていると、たいていだんだん早くなります・笑

そこで音楽で使うメトロノームを筋トレでも生かしましょうというのが、きょうの本題です。

メトロノームを使うことで、

  • 正確なリズムで
  • 正しいフォームを意識しながら

トレーニングを行うことができます。

「ふ~ん、そんなに違うもんかねえ」

と思うひとにこそ、ぜひ使ってみて欲しいですね。

無料アプリが便利

メトロノームは、スマホやパソコンの無料アプリがたくさんありますから、それをダウンロードするといいですよ。

ちなみにわたしはこちら↓の「TempoPerfect」というアプリを使っています。

https://www.nch.com.au/metronome/jp/

速さは、秒針と同じですから、

「60 bpm」

に設定して行います。

4種目にチャレンジ

では、ごいっしょにつぎの4種目をやってみましょう。

  1. スクワット
  2. サイドランジ
  3. フロントランジ
  4. ばんざい前屈

1.スクワット

まずは、基本の「スクワット」。

  1. 両足を肩幅よりやや広めにして立ちます
  2. 4秒かけて沈み
  3. 4秒かけて戻ります
  4. これを10回行います

メトロノームの音をしっかり聞きながら、行ないましょう。

このとき、

  • 背すじを伸ばして上体をまっすぐに保つ
  • ももが床と平行になるくらいまで沈む
  • 戻したとき膝を伸ばしきらない

を意識してください。

腕については、わたしは前に組んでおくとやりやすいのでそうしていますが、前に伸ばしても、下におろしていてもかまいません。

スクワット1
スクワット2

動画はこちら↓

2.サイドランジ

スクワットをやったら、その流れで「サイドランジ」に入ります。

  1. 両足をやや広めに開いて立ち
  2. 4秒かけて片膝を曲げ、4秒かけて戻します
  3. 反対側も同様に
  4. 左右で「2回」として交互に10回行います

注意点は、

  • 上体をまっすぐに保つ
  • 膝がつま先より外に出すぎない

です。

サイドランジ1
サイドランジ2

途中、ももをさわってみると、けっこうプルプルきてません?・笑

股関節のストレッチとしても有効ですよ。

3.フロントランジ

おつぎは、「フロントランジ」。

  1. 自然に立つ
  2. 片脚を大きく踏み出しながら4秒かけて沈み
  3. 4秒かけて戻します
  4. 左右で「2回」として交互に10回行います

注意点は、

  • 踏み出す足はまっすぐに
  • 上体もまっすぐを保つ
  • 戻るとき急がずに上手にバランスをとる

です。

股関節の「柔軟性」や、全身の「バランス力」もつきますね。

フロントランジ1
フロントランジ2

4.ばんざい前屈

最後は「ばんざい前屈」。

なにそれ!?

って感じでしょうけど、わたしが勝手に名付けました・笑

姿勢にとって大切な「背筋」のトレーニングです。

たぶん、これがいちばんキツいです。

  1. 両足を肩幅に開き、両腕を真上に上げて立つ
  2. 腕を伸ばしたまま4秒かけて前屈し
  3. 4秒かけて戻します
  4. これを10回行います

ポイントは、

  • 上体ができるだけ床と平行になるくらい前屈する
  • 背すじを伸ばし、指先までまっすぐを保つ
  • 両腕を下げない

です。

キツければ、両腕を真横に広げて行ってもOKです。

ばんざい前屈1
ばんざい前屈2

番外編・アブローラー

最近は、こんなのもメトロノームでやっています。

ぷるぷるマニアには、たまりませんよ(;^ω^)

まとめ

いかがですか?

動画では4~5回ずつしか行っていませんから、ぜひご自身でメトロノームのアプリをダウンロードして、カウントしながら10回ずつやってみてください。

ちなみに、4種目を続けて行うと、

8秒×10回×4種目=320秒

となり、

“5分20秒”でできます。

ちょっとした空き時間に、ちょうどいいですね!

ではまた~。