手が小さいと悩むギター弾きさんのための【手の解剖学】

こんにちは、院長もりたです。

きょうは、「手」について、解説してみますね。

あなたの「手」の長さはどれくらい?

みなさんは、自分の「手の大きさ」を測ったことがあるだろうか?

「手の大きさ」といっても、

  • 縦の長さ(手長)
  • 横の長さ(手幅)
  • 周径(手囲)

といろいろあるが、今回はもっともわかりやすい「手長」を取りあげよう。

なぜこんなことに関心を持つかといえば、昨年からギターを30年ぶりに再開したことと関係する。

(ちょっとかっこつけてみた)

ギターを弾く人で「手が小さい」と悩む人は、思いのほか多い。
かく言う私もその一人で、男性としてはかなり小さいほうだと思う。

私が一番悩むのが、1弦を左手の親指で握り込むように押さえる「グリップ型」での押弦が難しいことだ。
再開して1年近く経つが、ずっと苦労している。

さらに私の手は、小さいうえに、グローブみたいにぶ厚い。
手技療法家としては気に入っているものの、ギターを弾く上ではどうかいな、といった感じだ。

ともあれ、そんな小さい手の私でも、「手」を解剖学的に見直してみることがギターを弾くうえでも有益であるような気がしている。

ただし断っておくが、これを理解したとたんに、届かなかったフレットまで指が届くとか、突然グリップ型がうまく押さえられるというわけではない。

結論からいうと、「手」の構造を理解することで、

  • 指先の余計な力みが抜ける
  • 演奏が安定する
  • 故障の予防になる

といったメリットがあると考えている。

「手長」の測り方

前置きはともかく、さっそく「手長」を測ってみよう。

手のひらに近い「手首のシワから中指の先端まで」の長さだ。

私の場合、「17.0cm」だった。(写真1)
日本人の平均が「18.3cm」ということなので、予想通りかなり小さい(トホホ)。
ちなみに、ますかけの手相は気に入っている。

(写真1)

あなたの「手長」は、どれくらいだろうか?

指はどこから?

手の大きさは、身長とおなじく、嘆いたところではじまらない。
こうなりゃ、せめて“イメージ”だけでも変えていこう。

指が長いとか短いとかいうとき、どこからどこまでを「指」として見るだろうか?
おそらく、ほとんどの人が、(写真2)の赤線の長さで見るだろう。

(写真2)

しかし、それは“パッと見”の話。

「曲がる関節」で見た場合、指は青線のつけ根から曲がる。

指先から3つめのシワ(赤線のつけ根)のところでは、曲がらないのだ。

(そういえば、第一関節、第二関節とはいうのに、第三関節とはいわない)

手の甲側から見てみよう

“パッと見”にだまされるのは、手のひら側から見るからだ。
手の甲側からながめてみよう。(写真3)

こうすると、青線のつけ根で曲がることが理解しやすい。
グーを握ると、ボコッと骨が浮き出る箇所だ。

そして、ここでもう1本、「黄線」を加えておく。

(写真3)

今度は、甲側から見た手に「骨組み」を透かしてみる。

(写真4)

カンのいい人は、ここらで何が言いたいか、気づくかも~。
ヒントは、さっきの「黄線」にありますよ~。

さらに、「骨だけ」にしてみよう。(写真5)

(写真5)

いや~、なんと長い指!(笑)

あなたの手から骨だけ抜いて骨格模型にして出されたら、「長い指でうらやまし~」と言うかもしれない。
あなたの手なのに。

指の骨はCM関節から伸びている

もう一度、上の骨組みを見てもらいたい。

手首付近で、まるでお城の石垣のように、こまごました骨が複雑に組み合わさっている。
これらが「手根骨(しゅこんこつ)」だ。

その先に、各指固有の骨が伸びる。
これが「中手骨(ちゅうしゅこつ)」

この手根骨と中手骨でつくる関節を、「手根中手関節」、別名「CM関節」という。(写真7)

(写真7)

骨で見ると、指はこの「CM関節」から伸びている。

人差し指と中指の「CM関節」はほとんど可動性がなく、薬指と小指のそれは少し動くといわれる。

それに比べ、親指のCM関節(母指CM関節)の可動性は大きい。

親指は、ほとんど手首に近いあたりの「母指CM関節」から動いているのだ。

ためしに、(写真7)で位置を確認しながら、右手の母指CM関節に左手の親指で触れて、右手親指を動かしてみてほしい。
そこから動くのが、よくわかるだろう。

ギター弾きさんに試してほしい

親指といえば、フィンガーピッカーにはお馴染みの「サムピック」をはめる指だ。

親指(サム)を動かすときに、「母指CM関節」から動かすことを意識することで、より自然な動きに変わると期待できる。

(サムピック)

他の指についても、CM関節から伸びる「長~い指」をイメージしてみよう。

(再度登場)

私の場合、このイメージを持つと、指先から余計な力みが消える。

いや、ほんと。

いまこれを読んでいる段階で、指先から力みが消えるような気がしませんか?

ぜひ試してみていただきたい。

まとめ

くり返すが、骨で見ると、指は意外に長い。
そして、そのイメージでギターをポロロンと鳴らすと、力みのない、良い音色が聞こえてくる(気がする)。

ついでに言うと、手技療法の施術においても同じことがいえる。
指先ではなく、CM関節からの指を意識することで、力みが消え、手技が安定し、故障が防げる。
そもそも指先が力んだ手技は、受け手にとっては不快なものだ。

「指が短い」「手が小さい」とがっかりしているお仲間のみなさんに、ちょっとした福音となることを願いつつ、今回はこのへんで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。