膝裏(もも裏)の痛みにはマッサージボールがおすすめ

「膝の裏が痛い」という訴えは、よくあります。

ひと口に「膝の痛み」といっても、「膝の内側(もしくは外側)」、「関節の奥のほう」、「お皿が痛い」など、痛む箇所はさまざまです。

その中でも、「膝裏の痛み」は比較的対処しやすいです。

なぜかというと、

膝裏はたくさんの筋肉が通っていて、筋肉が原因になっていることが多い

からです。

そして、筋肉は関節(骨)に比べてメンテナンスしだいで変化しやすいので、改善を図りやすいのです。

きょう扱うのは、「膝裏の痛み」を引き起こす「大腿二頭筋」という筋肉です。

大腿二頭筋とは

大腿二頭筋は、もも裏の外側を走る大きな筋肉です。

大腿二頭筋

骨盤の「坐骨」や「大腿骨」から始まって、膝下の外側で「脛骨」「腓骨」につながります。

始まるところが二つあるので「二頭筋」なんですね。

膝裏の外側で大きなスジに触れることができますが、これは大腿二頭筋の「腱」です。

この筋肉が収縮すると、膝が曲がります。

つま先を外に開いて歩くクセのある人は、大腿二頭筋が硬くなりやすいです。

そして固くなった筋肉が、痛みを引き起こします。

マッサージボールでほぐす

大腿二頭筋からの痛みは、上のイラストの「✕印」あたりに出やすく、触ってみるとそこが硬くなっています。

押圧すると、「あ~、まさにそこ!効く~」とおっしゃいます。

当院ではプロの手で押圧できますが、普段自分でほぐすにはマッサージボールがおすすめです。

手軽で、しかも効果的ですからね。

やり方は、かんたん。

1.イスに座って、ボールを膝裏(もも裏)に入れます。

膝裏に入れる

2.そのまま脚をおろし、ボールで押圧します。(“イタ気持ちいい”と感じる場所に当てればOKです)

イスの間ではさむ

3.強度を上げたければ、軽く上から押さえます。

上から押さえる

ちょっとずつボールの位置をずらしながら、気になる付近を押圧します。

トータルで2~3分もやれば十分でしょう。

やり過ぎると揉み返しになりますので、注意してください。

※なお、「膝裏の痛み」といっても筋肉からきているとは限りません。関節に起因するものもあるし、場合によっては水がたまっていることもあります。まずは整形外科できちんと診断してもらいましょう。

今回は、「膝裏の痛み」でも特によくある「大腿二頭筋」について書きました。

テニスボールでももちろんほぐせますが、やはりマッサージボールが強度的に一番いいです。

私が使っている物を、下にリンクしておきますので、参考になさってください。


KOOLSEN マッサージボール トリガーポイント 筋膜 リリース ボール (Amazonサイトにとびます)

マッサージボール