電気圧力鍋で炊いた玄米がすばらしく美味しい

こんにちは、院長もりたです。

きょうは、最近私がハマっているものについて書きます。

それは何かというと、

「玄米」

これまでも妻がときどき玄米ごはんを炊いていましたが、特に好きでも嫌いでもありませんでした。

ただあの独特の固さはちょっと食べにくいかな、というくらいの印象。

それがこの頃は、「えっ、玄米ってこんなに美味しいの!?」と感動すら覚える変わりようです。

きっかけは新しく購入したこちら↓、「電気圧力鍋」

シロカ 電気圧力鍋 SP-4D131 ホワイト[圧力/無水/蒸し/炊飯/温め直し/大容量](Amazonサイト)

これは妻も「買って良かった~」と喜んでいます。

これで炊くと、玄米がまあやわらかく炊けるではありませんか。

妻が炊いている方法を写真で撮ってもらいましたので、シェアしますね。

わが家の玄米の炊き方

わが家では、いつも4合分炊いています。

まずは水洗い。(すでに美味しそう)

玄米用のラインがあるので、4合の目盛りまで水を入れます。

そこに小豆を「1合当たり15グラム」入れます。

さらに塩を「4合に5グラム」入れます。

あとは、「玄米モード」にしてタイマーをセットするだけ。

電気圧力鍋はタイマーもあるし、火力式と違ってついておく必要がないのがありがたいですね。

最後にわが家では、妻お手製の「ごま塩」を振って食べます。(最初の写真)

これがまた美味しい。

圧力鍋で炊いた玄米は、ほんとうにやわらかくて、モチモチです。

子どもたちも、よく食べます。

食物繊維って大事

私は、玄米を食べ始めて、あきらかに便通が良くなりました。

もともと便秘に悩むこともないのですが、それでもお通じが改善されたことが実感できます。

また、玄米に豊富に含まれる食物繊維は、単に便通を良くするだけではありません。

『果糖中毒 ――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』(ロバート・H・ラスティグ著/ダイヤモンド社)には、ダイエットとの関連として、「食物繊維が肥満をおさえる5つの特性」が紹介されています。(同書289~294頁)

  1. 血糖値を下げ、脂肪を作らない
  2. 悪玉コレステロールのレベルを下げる
  3. 早く満腹感を感じさせる
  4. 食事性脂肪の吸収を遅くする
  5. 腸の善玉細菌を増やし、「太らせ因子」を食い止める

食物繊維って、すごいんですね。

しつこいようですが、玄米がこんなに美味しくいただけるとは思いませんでした。

玄米食を始めたいと思っている方の、参考になれば嬉しいです。