全身・自律神経系

もりたカイロプラクティックの施術が最終的に目指すところは、「自律神経を整えて、痛みや不調の出にくい身体をつくる」ことです。

自律神経とは

自律神経は文字どおり“自ら律する”神経で、その働きはほぼすべての器官に及び、わたしたちの意志とは無関係に、身体を自動的にコントロールしています。

緊張モードといわれる「交感神経」と、リラックスモードといわれる「副交感神経」に分けられ、それぞれが対照的に働いて身体の機能を調節します。

運動して心拍数を上げたり、汗をかいたり、明るさに合わせて瞳孔を開いたり、食べ物を食べて唾液を分泌したり、食べた物を胃腸で消化吸収したり、睡眠や目覚めなども、これらはいずれも自律神経の働きによるものであり、ありとあらゆることに関わっています。

自律神経系統図

自律神経がうまく働かないと・・・

したがって、自律神経がうまく働かないと、身体はさまざまな不調に陥ります。

交感神経と副交感神経のバランスが乱れているのです。

特に、病院でははっきりとわかりにくい「不定愁訴」と呼ばれるものは、たいてい自律神経の乱れから生じます。

中でも、不眠、動悸、便秘、下痢気味、冷え症、むくみ、倦怠感、吐き気、めまい、耳鳴り、うつなどは、当院でもよくある訴えです。

もりたカイロプラクティックでできること

もりたカイロプラクティックでは、緊張して硬くなった筋肉・関節をほぐすことで、血流を改善し、自律神経のバランスを整えていきます。

その結果、

  • よく眠れるようになった
  • 動悸や胸痛が出にくくなった
  • 便秘が改善した
  • 生理痛が改善した
  • 冷え・むくみが改善した
  • 疲れにくくなった
  • めまいやふらつきが改善した

などのお声をいただいています。

来院される方の多くは、「腰が痛い」とか「肩が痛い」といった、どちらかといえば整形外科的な症状をきっかけにして来られます。

しかし、定期的に通われるうちに、

「ここに来るようになってから、冬に靴下を履いて寝ることがなくなった」

などとおっしゃいます。

実は、それこそが目指したいところであり、本当の意味で“身体が変わる”ことなのです。

カイロプラクティックは、本来、「予防医学」です。

つまり、痛みの出にくい、病気や不調に陥りにくい身体を作っていくものです。それは、何はともあれ、自律神経のバランスを整えることにほかなりません。

長引く不調にお悩みの方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました