立ち仕事中にこっそりできる効果的エクササイズ3選【姿勢も美しくなります】

「わたし、立ち仕事なんですけど、立ったままでもできるカラダにいい運動って、何かありますか?」

先日、Nさん(女性)からこんな質問を受けました。

一日何時間も立ち続けるお仕事って、ほんと大変だと思います。
途中で腰が痛くなったり、膝が痛くなったりして、姿勢も崩れがち。

Nさんは販売担当ということですから、お客様の目もあります。
立っている時間をなんとか生かしたいと、思われたのでしょうね。

そこで今回は、

  • 立ったままこっそりできて、
  • カラダにも効果的で、
  • 立ち姿もきれいになる

というおすすめのエクササイズをご紹介します。

立ち仕事中にできる3つのおすすめエクササイズ

立ち仕事中にこっそりできるおすすめエクササイズは、

  1. ドローイン
  2. 母趾球荷重
  3. 首背伸び

の3つです。

立ち仕事エクササイズ

どれも簡単にできますから、立ち仕事のかたは、ぜひ取り入れてみてください。

さっそくみていきましょう。

1.ドローイン

これはずいぶん広まったので、ご存知のかたも多いでしょうね。

息を吐きながらお腹をグーッとへこませるだけです。

  1. 姿勢を正して両手をお腹に当て、
  2. フ―っと息を吐きながら10秒かけてお腹をぺちゃんこにする
  3. そのまま30秒程度浅い呼吸を続ける

ドローインでは、お腹のインナーマッスルである「腹横筋(ふくおうきん)」という筋肉をもっとも使います。

文字どおり、お腹の横を“腹巻き”のようにとり巻いている筋肉です。

腹横筋の図

この筋肉のおもなはたらきは、「腹圧を保つ」こと。

腹横筋が使えていないと、お腹がポコンと出て姿勢が崩れます。

いわゆる「下腹ポッコリ」タイプは、まさにこの腹横筋が使えていないわけです。

また、さきほど言ったように“腹巻き筋”ですから、この筋肉をしっかり使うことで、腰回りがグッと支えられ、腰痛予防にもなります。
いわば、「天然のコルセット」です。

2.母趾球荷重

つぎは、足に注目。

少しカカトを浮かし、足裏の「母趾球」で重心を感じます。

母趾球に乗る

これも地味ですが、とても大切なこと。

姿勢や歩き方が崩れると、たいてい荷重は足の小指側、つまり外側に逃げます。
「母趾球に乗る」という基本が、おろそかになっています。

靴底の外側が大きくすり減るひとは、要注意です。

ときどきでいいので、このエクササイズをすることで、「母趾球に乗る感覚」をカラダに思い出させましょう。

3.首背伸び

最後は、「首背伸び」。

首をグイーンとめいっぱい伸ばします。

首背伸びの図

頭がスーッと空に向かって浮いていく、ちょうどアドバルーンになったイメージで行うといいですね。

ちょっと首を伸ばす、それだけなのに背中全体の筋肉がはたらくことを感じるでしょう。
ふだんいかに多くの筋肉が怠けているかが、よくわかります。

「首背伸び」は、鏡を見ながら行なうと、さらに効果的です。
鏡の中で「首がもっとも長く見える立ち方」が、ベストな姿勢です。

まとめ

これら3つは、個別に行ってもいいですし、一度に全部行ってもいいでしょう。

やっていることが周囲にわからないだけでなく、むしろ、

姿勢の良い美しい立ち姿に変わるので、お客様からもステキに見えます。

何度も取り組んでいるうちにカラダになじんできて、いつのまにか姿勢そのものが美しく変わっていきますよ。

ぜひ、気長に取り組んでみてくださいね。