腸脛靭帯炎・ランナー膝

腸脛靭帯は大腿の外側を走る丈夫な靭帯で、ここに炎症が生じたものを「腸脛靭帯炎」といいます。

脚部の酷使が、おもな原因です。

膝の外側が痛む「ランナー膝(ランナーズニー)」は、その名のとおりランニング愛好者に多い症状ですが、これも腸脛靭帯に過度な負担がかかり続けた結果として生じます。

腸脛靭帯

昨今のランニングブームもあって、もりたカイロプラクティックでもよくみるようになりましたが、変形性股関節症変形性膝関節症の方もまた腸脛靭帯が硬くこわばっていますので、重要な施術対象となります。

みなさんの訴えとしては、

  • 膝の外側が痛い
  • ももの外側が痛い
  • ももの外側が張る
  • 膝を曲げにくい

などの声が多いです。

無意識のうちに太ももを叩いているようなひとは、ここがかなり疲労しています。

湿布やストレッチも悪くありませんが、やはり手技療法による施術が効果的です。

もりたカイロプラクティックでは、こわばった大腿外側部を手技によりていねいに緩めていきます。

大腿だけでなく殿部もかならず硬くなっているので重要な施術対象ですし、対(つい)の関係にある大腿内側部も緩める必要があります。

大腿外側部は押圧すると少々痛みを感じる箇所ですが、多少がまんしてもらいながら、注意深く施術します。

施術後は、「脚が軽い!」と喜ばれます。

大腿外側が慢性的に張っている方、膝の外側の痛みにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

※こちらもあわせてお読みください→「トリガーポイントセラピー」

タイトルとURLをコピーしました