テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

肘の痛みとしてよく知られる「テニス肘」は、正式には「上腕骨外側上顆炎」といいます。

肘の外側(手のひらを前に向けた場合の親指側)付近に、痛みが生じます。

上腕骨外側上顆には手首や手指を反らす筋肉(伸筋群)が多く起始しており、これらの筋肉に負担がかかりすぎていることがおもな原因です。

※図では概略的に示しましたが、実際には上腕骨外側上顆に起始する筋肉には以下のようなものがあります。

  • 尺側手根伸筋
  • 短橈側手根伸筋
  • 長橈側手根伸筋
  • 総指伸筋
  • 小指伸筋

パソコン作業も要因に

テニスのバックハンドで発症しやすいため「テニス肘」と呼ばれますが、もちろんテニス以外でも起きます。

もりたカイロプラクティックに来院される方では、車の整備士さんや建設作業員の方、歯科医師や歯科衛生士さん、理美容師さんなど、やはり手を酷使する人が多い印象です。

パソコン作業をされる方も、なりやすいです。

キーボードやマウスに手を置いたかたちは、軽く手首や手指を反らせており、伸筋群がつねに緊張しています。長時間の入力作業などで負担がかかりすぎると、慢性的な痛みの原因となります。

そのような方には、アームレストを使用したり、キーボードやマウスを負担の少ないものに変えてみたりすることを提案しています。

広い範囲を施術

もりたカイロプラクティックでは、肘の痛みとはいえ、肘周辺だけを施術するわけではありません。

手指、手掌、前腕、上腕といった腕の部分はもちろんのこと、頚肩部から背部にかけて広範囲にわたって施術を行います。

というのは、腕の疲労は首や肩のこりにつながりますし、背中の緊張も腕の緊張の原因となるなど、互いに影響しあっているからです。

つまり、肘の痛みには首や背中のこり・緊張も関係しているということです。

疲労が蓄積して硬くこわばった筋肉を、独自の手技を用いて緩めます。

(※「トリガーポイントセラピー」も参考にしてください)

また、痛みを改善し予防するためのストレッチなども丁寧に指導いたします。

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました