もりた式ウォーキング・カギは「脱力」にあり!

ウォーキングでいちばん大切なのは「歩数」でも「時間」でもなく「歩き方」ですよ、という話はこれまで何度も書いてきました。

「ウォーキングで気をつけたい2つのこと(1)」でも書いたように、

悪い歩き方で1万歩歩くより、きれいな歩き方で千歩歩いてもらいたいのです。

最近は、ウォーキング関連の本を見ても、「歩き方」が大事ですよ、たくさん歩けばいいってもんじゃありませんよ、という内容がよく出てきます。

とても良い傾向だなと思います。

ただ、それでも気になることがあります。

正しい歩き方の解説で「それはどうなんだろう??」と感じる点もあるのです。

中でも、よくある説明が、

  • 地面を蹴って大股で歩きましょう
  • 踵から着地してつま先で蹴りましょう

というもの。

患者さんも、「大股にせんといけんのよね」とか「踵から着いたほうがええんよね」とよくおっしゃいます。

けど、ちょっと注意が必要です。

大股で歩くことも、踵での着地も、結果としてそうなることであって、それを意識するとかえってぎくしゃくした歩き方になり、力んだ歩きになってしまうのです。

ここで、大事なことを、いまから言います。

よ~く、心に留めてください。

いいですか~

言いますよ~(早よ言えってか!)

じゃ、言いますね。

「力みは故障のもと」

これです。

なんじゃそりゃ!?って感じですか?(笑)

とっても大切なことなんですよ。

ウォーキングを始めました。

歩き方が大切と学びました。

けど痛みが出ました・・・

原因の最たるものは「力み」です。

故障を予防するには、無駄な力みを入れず、力を抜いて歩くことです。

カギは「脱力」にあり。

これをお伝えしていきたいと思っています。