もりた式『脱力ウォーク』・力を抜くポイントその1「ふくらはぎ」

こんにちは。

「脱力ウォーク広め隊」隊長のもりたです。(勝手に作りました・笑)

今回は、脱力して歩くには具体的にどこをどうすればいいのか、についてご説明します。

もう一度おさらいをしますと、

  • 地面を蹴って大股で歩きましょう
  • 踵から着地してつま先で蹴りましょう

というよくある「正しい歩き方」には注意が必要です。

これらは結果としてそうなることであって、意識しすぎると「力み」を生み、故障につながるからです。

脱力したいポイントその1「ふくらはぎ」

地面を蹴って…は要注意、と言っていることからも察しがつくように、

脱力してもらいたい第一のポイントは、ふくらはぎ(足首)です。

私はよく、患者さんにアドバイスするときに「膝下の力を抜きましょう」と言います。

「膝下=下腿」を力ませたくないのです。

「足首」の力を抜く、といってもいいですね。

立っていても座っていてもいいですから、ちょっと片足を上げて足首をブラブラと振ってみてください。ふくらはぎもブラブラとなりますね。

この“脱力感”で歩いてもらいたいのです。

やってみよう『脱力ウォーク』

では、実際に歩いてみましょう。次の3段階をゆっくり行ってみてください。

1.立った姿勢からどちらかの足を一歩前に出して、重心を乗せていきます。

すると、後ろ足の踵が上がってきます。

このときに後ろ足の「膝から下=ふくらはぎ」の力を抜きます。

2.次に、力を抜いたまま足を前に運びます。

膝から前に抜くような意識で行うと、力を抜いたまま出しやすいです。

3.そのままスッと軽やかに着地します。

「踵から着地」とかは考えなくてけっこうです。

これが基本です。

あとは、これを連続させて歩くだけ。

次回は、脱力ウォークの練習法について、もう少し細かく書きますね。