脱力ウォークはオバケの手!?

先日、 脱力ウォークのお手本として、チーターの走りをご紹介しました。
(→『末端の役割は「微調整」。お手本はチーター。』

チーターが走るときの前足を覚えてますか?足首がカクンと折れていましたね。

これです↓

前足の足首が脱力して折れている

猛スピードで走りながらも末端部(足)の力が抜けているからこそ、このような柔らかく屈曲した状態が生まれるのだと、わたしは推測します。

わたしは、これを、「オバケの手」と呼んでいます。

うらめしや~のオバケです。オバケは、すっかり脱力しています、多分(笑)。
ガチガチに力んでると、「らしくない」ですし。

オバケの手で歩く

で、ここからが本題。

わたしは「脱力ウォーク」を患者さんといっしょに練習するときに、

「オバケの手で歩きましょう」

とアドバイスします。

いや、手じゃなくて足のことなんですよ、ほんとは。膝から下がうまく脱力できているかどうかを見分けるポイントが、これなんです。

脱力できていると、足を前方に運ぶときに足首は軽く「底屈」しています。言葉を換えると、足の甲がスッと伸びています。

「底屈」とは、足首が足裏側へ曲がる動作。甲は伸びる。
 これに対して足首がスネ側へ曲がる動きが「背屈」。甲は曲がる。

「オバケの手」は手首がダランと曲がっています(手の甲が伸びています)。そして力は抜けています、多分(笑)。

それと同じように、足の甲をリラックスして伸ばしながら歩くのです。いや、正確には、力が抜けると自然にそうなります。

すると、歩きながら足首がペコペコと心地良く動くのを感じるでしょう。

脱力できていると足首は伸びる。力んでいると足首は背屈しやすい。

蹴って歩くとどうなる?

これに対して、「しっかり蹴って大股で歩く」とどうでしょう?

やってみるとわかりますが、強く蹴って歩きながら、同時に膝から下を脱力するのは至難の業です。

おそらく、足が前方に移動するときにも足首に力が入ってしまうはず。足首は底屈せず、むしろ「背屈」気味になるでしょう。

これはスネの筋肉に力みがある証拠です。ついでに言えば、鼻の穴もふくらみます(笑)。

にこやかスマイルで優雅に歩くためにも、「オバケの手」のように足首をリラックスさせて歩いてくださいね!


まとめ

  • 足を前方に運ぶとき、「オバケの手」をイメージする
  • すると足首は脱力して足の甲が伸びる
  • 足首がペコペコと心地良く動きながら歩ける

※脱力して歩く練習には、「すり足歩き」が効果的です。こちらもご覧ください。→『脱力ウォークの練習2「すり足歩き」』