今年も咲いたよ、Mさんの胡蝶蘭

胡蝶蘭の写真1
胡蝶蘭の写真2

こんにちは、院長もりたです。

わが家の胡蝶蘭が、今年も見事な花を咲かせてくれています。

この胡蝶蘭は、いまから13年前の2007年、もりたカイロプラクティックが現在の店舗に移転したときに、Mさんからお祝いとして贈っていただいたものです。

いただいたときの花が終わってからは、ご覧のとおり、長年お風呂場に置いています。

昨年、Mさんが91年の生涯を全うして天に召されたあと、思いだしたかのようにたくさんの花をつけ、そして今年も……。

そのぶ厚い手を揉むたびに、

「よお働いた手です」

とおっしゃった。

施術の前後にはかならず、両手を揃えて、

「お願いします」「ありがとうございました」

と丁寧にお辞儀をされた。

「お嬢ちゃんたちに」と、手作りの手提げ袋やお手玉をくださった。

この花を見ると、Mさんの姿をありありと思いだします。

あらためて感謝の思いです。

ところで、昔、植物園の方が、こんな説明をするのを聞いたことがあります。

「蘭って栽培が難しいイメージがありますけど、鉢に植えるから難しいんですよ。根っこを出して、風呂場にでもつり下げておくのが一番なんです。もともと熱帯地方でそうやって生きてるんですから」

Mさんの蘭も、ここ数年で鉢植えの根っこの部分が大きく張り出してきました。

こんな感じに↓

急にたくさんの花をつけ出したのは、それも関係するのかなと思います。

うん、けど、やっぱりMさんが、「先生、しっかり頑張ってね!」って言ってくれてるんだろうな。

Mさん、ありがとうございます。。。