足の力を抜くと、全身の力が抜ける。

前回の記事で、「脱力ウォーク」では足の力を抜くだけでなく、上半身の力も抜きましょう、ということを書きました。

今回は、それと関連する内容です。

もしかすると、これこそが「脱力ウォーク」の最大の効果であり、目指すところではないかと思うほど大事なところです。

結論を言ってしまいましょう。

「足の力を抜くと、全身の力が抜ける」

これです。

この言葉を聞いて、マニアックな方はピンとくるかもしれません。実は、あのイチロー選手も似たようなことを言っているのです。

イチロー選手は、稲葉篤紀さんとの対談の中で、肩の力を抜こうとしても難しく、「 膝の力を抜いたら肩も抜ける 」と語っています。

さすがに身体感覚の優れたイチロー選手です。

これはぜひ実践してみていただきたいのですが、やってみるとたしかにそのとおりです。

足、特にふくらはぎの力を意識的に抜いてみると、肩をはじめとする上半身も脱力できます。

なぜそうなるのか。

手元の専門書などを開いてみたのですが、確かなことはわかりませんでした。(この点について、参考になる文献などがあれば、ぜひ教えてください)

肩に力が入っているなと意識することはあっても、足に力が入っていると意識することはほとんどありません。いわば、足の力みは盲点のようなものです。

だからこそ、足の力を意識的に抜くことが、全身の脱力につながりやすいのではないでしょうか。

私は、歩くときはもちろんのこと、施術中やこうしてパソコンに向かうときでも、足の脱力を意識しています。すると、全身的に力が抜けます。

「脱力ウォーク」では、足の力みがとれるだけでなく、上半身の力みも抜けてきます。その意味で、肩こり対策としても有効だと考えています。

肩こりに悩まされている人や、身体が緊張しやすい人は、ぜひ足の脱力を習慣づけてみてください。