「第1回ラジオ体操講習会inもりたカイロ」無事終了。

かねてからお知らせしていたとおり、昨日、「第1回ラジオ体操講習会inもりたカイロ」を行いました。

午前の部と午後の部の2回。最高齢は74歳。嬉しいことに、お友達の紹介で初めて来られた方も2名ありました。

やってみて、あらためて思ったのは、

「やっぱりラジオ体操は凄い」

です。

なんせ今日、体中が筋肉痛ですから(笑)

きちんとやれば、それだけ刺激が入るということ。

いつもは1~2セットしかしないところを、トータル4時間やったことで、いかに運動になっているかがよくわかりました。

おかげで今日はまともに体操できません(苦笑)。参加者の皆さんは大丈夫でしょうか。

【講習の様子↓】

ラジオ体操は、誰もがとりあえず知っていて、良いらしいということもわかっておられます。

しかし、その理解の程度は、人によって大きく違います。

第一体操の一番初め「伸びの運動」で、もう皆さん驚きの「えーっ」です。

「あの日から人生変わった」と思ってもらえるほどの会にしたいという思いは、あながち大袈裟ではなかったのですが、皆さんどうだったでしょう。

私が思う健康法の第一条件は、

「生涯続けられること」

です。

その意味でも、ラジオ体操は最強の健康法といえます。

「参加して良かった~」と昨日も言っていただけましたが、来年も5年後も10年後も言っていただきたいなと思っています。

次回はまだ未定ですが、今回残念ながら参加できなかった方は、楽しみにしておいてくださいね!