オンライン面接も姿勢が肝心【秒で変わる整え方】

こんにちは、院長もりたです。

もりたカイロプラクティックのお客様には、企業の面接担当の方が何人かおられます。

今年は「オンライン面接」の話もよく聞きますね。

画面越しの面接は、選ぶ側、受ける側、ともに難しいことでしょう。

ただ、

「本人がいくぶんリラックスできたり、部屋のようすも映ったりして、意外にその人らしさがわかるんですよ」

ともおっしゃっていました。

学生のみなさん、気をつけましょう・笑

さて、オンライン面接であっても、やはり大切なのは“姿勢”です。

いやむしろ、情報量からいえば、直接会うよりも圧倒的に少なくなるぶん、画面に映る印象がモノをいいます。

テレビにリモートで参加するコメンテーターを見ていても、パソコンをのぞき込むような姿勢で話している人がいますね。

それだけで、なんだか説得力に欠けて見えます。

オンラインこそ、姿勢が大事!

そこで今回は、オンライン面接の際に、ほんの一瞬で姿勢を整える技を伝授します。

就活生のみなさん、ぜひ使ってみてください。

ところで、つぎの写真を見てください。

“一瞬技”を行う「前」と「あと」の写真です。

姿勢改善の前後写真

右のほうが、堂々として見えますね。

面接には、ぜひ右側の姿勢でのぞみましょう。

ポイントは、

  1. イスの座り方
  2. 上半身の整え方

の2つです。

では、さっそくやってみましょう。

1.イスの座り方

まずは、「イスの座り方」です。

ふつうに座って背すじを伸ばしておくって、けっこうキツいですよね。

そこで、おすすめなのが、

「膝を落とす」

座り方です。

こんな感じ↓

このように、

  1. 膝を落として
  2. 足をうしろに引きます

写真では、わかりやすいようにやや大げさにやっていますが、ここまでしなくてもいいですよ。

ほんの気持ち程度、落としてみてください。

そうすることで、骨盤が立ち、イスの座面に左右の坐骨がしっかり当たります。

すると、自然に背すじも伸びます。

ただし、この座り方はオンライン限定です!

足まで見える会場での面接では、このように座ると逆に印象が悪いので、足を引かずに座ってくださいね。

2.上半身を整える

つぎに、「上半身の整え方」です。

3段階あります。

  1. 手のひらを上向きにして両肘を90度曲げる
  2. そのまま横に開く
  3. 手のひらを少し返し、肘を前方に押し出す

これも写真を見てください↓

エクササイズ1
ex2

コツは、最後、手のひらを少し返しながら、「肘で背中を押し出す感じ」で行うことです。

背中のまん中あたりが、グイっと前方に押し出される感覚ですね。

これで、背すじがよく伸びた理想の姿勢ができあがります。

まとめ

どうですか、簡単でしょう?

もちろんこの方法は、ふだんデスクワークなどで姿勢が悪くなりがちなひとにも効果テキメンです。

就活生に限らず、どなたにも取り入れていただきたい姿勢改善法です。

最後に。

今年の就活は、いろんな意味で大変だと思います。

就活生のみなさん、どうかまず姿勢を整えてのぞんでください。

背すじが伸びるだけで、気持ちが明るくなり、それがあなたの表情やカラダからあふれます。

めげそうになったら、“まず姿勢”。

それを思いだして、がんばってください!(^^)/