腰痛の人は温泉に腹ばいで入ってみよう。

今日は、ちょっと腰痛のお話を。

この時期になると、大掃除など慣れないことをするせいか、急性腰痛、いわゆる「ぎっくり腰」で駆け込む方が増えます。

そんな方に、わたしがよくおすすめする「入浴法」があります。

それは、

温泉に腹ばいで入る。

もちろん温泉じゃなく、ふつうの銭湯でもかまいません。

要するに、広いお風呂に腹ばいで入るのです。

プールサイドにつかまるようにお風呂の縁に手をかけて、だらり~んと体を伸ばします。

軽く腰が反った状態になりますね。

腰が痛いときはこの体勢がなかなかとれませんが、お風呂の中だと無理なくできます。

こうして、お腹側をストレッチしてあげましょう。

ついでに横向きも行います。

お風呂の縁に片手を置いて、横向きだらり~んです。

これで体側がよく伸びます。

お風呂だと腰が痛くてもゆっくりストレッチできる

こうして浮力と温度を利用して、体をリラックスさせます。

いつもよりちょっとゆっくり入ってみるといいでしょう。

この入浴法、以前わたしがひどいぎっくり腰になったときに試して、効果を感じた方法です。

ちなみにわたしは、特に腰が痛くないときでも温泉ではこのように入ります。

ほかにあんまり見かけないんですけどね、、、

あ、もちろん周りの迷惑にならないようにしてくださいよ!

「ヘンな人」という眼差しくらいはオッケー(笑)

それと、痛くて歩くのも車に乗るのも難しいときは、出かけないように。

家で横になっておいてください。

少し良くなってきたくらいのときに、温泉でやってみてくださいね。