ぎっくり腰のときの顔の洗い方

久々にやってしまいました、ぎっくり腰。

朝、軽いゴミ袋をヒョイと持っただけだったのに、腰から骨盤にかけてピシッときました。

瞬間、冷や汗が。

マンガでよく見る、顔に縦線がいっぱい入った「ガーン」の状態です。

情けない話ではありますが、そこはカイロプラクター、ただでは起きません。ここぞとばかり、どうすれば痛みが少しでも和らぐか自分の体で実験します。(笑)

で、朝、洗顔するときにどうしたもんかな?と考えてみました。

腰を折って前屈みになるのは無理。

かいって、片手では洗いにくい。

結論としては、こうしました↓

  1. 両足をいつもより半~一足分後ろに引いて膝を軽く曲げる
  2. 両肘を洗面台について体重をかける
  3. その状態で水をすくい、肘を屈曲させて洗顔する

この方法で、無理なく洗うことができました。

このとき腰が丸まらないように注意してください。

両肘に体重を預けるのがポイントです。そうすることで、腰にかかる負荷を軽減することができます。

この冬は例年以上にぎっくり腰になる人が多い気がします。

やってしまった方は、ぜひ参考にしてみてください!