脱力ウォークはお馬さん歩き

膝下の力を抜いて歩こうというのが「脱力ウォーク」。

上手に脱力できると、足首がペコペコとよく動くのを感じます。

これって、どことなくお馬さんに似ていません?

脱力できると足首がペコペコ動く

どういうことかというと・・・

膝下が脱力できる
 ↓
足首が軟らかく動かせる
 ↓
足首がペコペコと屈曲・伸展(曲げ伸ばし)する

となります。

足裏が後ろによく見える歩き方です。

脱力すると足首がよく動き、足裏が後ろに見える

脱力できていないと、足首が十分に伸びません。

足首はつねに背屈しており、スネの筋肉が緊張しっぱなしです。

足裏が後ろに見えない歩き方になります。

脱力できないと、スネの筋肉が緊張して背屈したまま

「のめり歩き」だと、脱力できないのでこうなりやすいです。

お馬さんの足をイメージしよう

ここでお馬さんです。

馬は歩くとき、足先がペコペコとよく動きますね。

あの動きをイメージして歩いてみましょう。

お馬さんのペコペコ動く足先をイメージして歩く

もっともお馬さんのペコペコ動く足先は、実際には足関節(足首)ではなくつま先です。その上の後ろにグッと飛び出した部分が「踵」にあたります。

ここではあくまでもイメージのお話ですので、細かいことは気にせずに(笑)

大事なことは、足首をペコペコと“動かす”ことではありません。

脱力した結果、自然に“動く”ことです。

動かそうとするのではなく、脱力することが肝心です。

次に歩くとき、足首のペコペコ具合を気にしてみてください。

お馬さんのリズミカルなイメージで歩くと、なんとなく楽しいですよ!