バランスボールを使った股関節の運動【変形性股関節症の方に】

こんにちは、院長もりたです。

きょうは、

バランスボールを使った「股関節の運動」

をご紹介します。

この運動は、変形性股関節症の方によくおすすめしているものです。

おすすめポイントは、

  1. 股関節の動きを改善し、
  2. 軟骨の健康を保ち、
  3. それを脚の重さをかけずに行える

といった点です。

動画で見てみましょう

まずは、動画をご覧ください↓

このように、ボールに足を乗せていろんな方向に動かすだけです。

この動画では「55センチ」のボールを使っていますが、変形性股関節症の方の場合、ボールが大きいと足を乗せるのも難しいと思われます。

ですから、もうひと回り小さい「45センチ」がいいでしょう。

関節を負担なく動かせるのがポイント

関節を動かすと、関節のなかに「関節液」が出てきます。

そのおかげで、

  • 軟骨の潤滑が良くなり、
  • 軟骨の栄養補給が促されます

この仕組みについては、下の記事に書いていますのでご覧ください。

「股関節が悪い人に、エアロバイクってどうなん?」 と、変形性股関節症をもつ50代の男性から聞かれました。 エアロバイクは、...

軟骨を元気に保つには、関節をしっかり動かすことが大切なわけですが、

ふつうに仰向けで足を上げて動かすのは、痛みのあるひとにはキツいです。

そこで、

バランスボールに足を乗せて行えば、足の重さをかけずにラクに動かすことができる

これがこの運動の素晴らしいところです。

注意点

はじめは誰かに足を持ってもらって、サポートしてもらうことをおすすめします。

動画で最初に行っている前後の動きだけでも効果がありますので、左右や回転の動きが難しいひとは、前後の動きだけ行ってください。

動画のように大きく動かさなくても、小さな動きで十分ですよ。

お役に立てれば嬉しいです。