脱力ウォークでの歩幅の広げ方

脱力ウォークは、蹴らない歩きです。

「蹴る→ふくらはぎ(足首)が力む→疲労する→故障する」

と考えます。

「しっかり蹴って歩幅を広く」を、とりあえず忘れてほしいのです。

では歩幅を広くするときは、どうするのか?

そもそも脱力ウォークでは、そんなに歩幅を広げようとしなくてもかまいません。力みが抜けて良い歩き方になってくれば、歩幅は自然に広がるからです。

それでも、スピードを上げたいときとか、より美しく歩きたいときなど、歩幅を広げたい場合があります。そのときの意識したいポイントをお話しします。

絶対にやってほしくないこと

その前に、歩幅を広げるとき、ぜったいにやってほしくないことがあります。

もうおわかりですね。

蹴らない、

これです。

歩幅を広げようとすると、ほとんどの人は強く蹴るでしょう。しかし、何度も言いますが、脱力ウォークは「蹴らない歩き」です。足首付近に頑張らせたくありません。

ふたつのイメージ

歩幅を広げて歩くのには、次の二つのイメージが役に立ちます。

膝までの脚

まずひとつ目は、「膝から下が無いものと考える」です。

「膝までの脚」をイメージするわけです。これだけでもふくらはぎの力みは消えます。

みぞおちからの脚

ふたつ目は、「脚がみぞおちから伸びていると考える」です。

実際に、脚を動かす「大腰筋」という筋肉は、みぞおちの奥から始まっています。筋肉のつき方からみれば、脚はみぞおちから伸びているといえます。

歩くときに、みぞおちからグイグイと脚が動くのをイメージしてみましょう。
そして、「みぞおちから膝までの脚」の歩幅を広げてみてください。

ハサミがチョキチョキと動くように、「みぞおちから膝までの脚」を広く動かします。 こうすると、蹴らなくても歩幅を広げることができます。

「みぞおちから膝までの脚」を広く動かそう

いかがですか?お部屋でもいいのでちょっとやってみてください。

とにかく、蹴らないこと。

ちょっとでも足首やふくらはぎが力んだら「あ、脱力、脱力」と唱える習慣がつくと最高ですね。