姿勢

ブログ

歩く話

はじめて来院された方には、最初に室内を歩いてもらう。5m程度を二往復、「スタスタ歩いてみてください」と。(「スタスタ」と入れるのがポイントで、ただ「歩いてください」とガン見したら、緊張してぎこちなくなってしまう) 時間にして20秒に...
ブログ

似る話

イヌ派かネコ派かと聞かれたら、私は迷わず「イヌ派」と答える。 そしてイヌ派のなかでも、断然、「パグ派」である。 というのも、昔実家で飼っていたのがパグだったのだ。パグを一度でも飼ったら、ほかのイヌを飼いたいと思わないのではない...
ブログ

おじさんのためのストレッチ(7)「腕・背中」

おじさんのためのストレッチ第七弾は「腕・背中」です。 年齢とともに、筋肉は固くなり、背骨の椎間板もつぶれやすくなります。 その結果、猫背が進みます。 まずは予防が肝心ですね! ぜひ、この体操を習慣化して、良い姿勢を...
ブログ

おじさんのためのストレッチ(5)「猫背矯正」

「歳を取って背が縮んできた」とは、よく聞く弁。 年齢とともに猫背が進んでしまうんですね。 若いときに比べて、からだの水分は少なくなってきます。 すると、もともと水分の多い組織である椎間板がちびやすくなり、ますます猫背が進...
ブログ

鏡の前でチェックすべき「姿勢4つのポイント」

初診の患者さんの場合、まず全身が映る鏡の前に立ってもらい、姿勢について、いくつかのポイントをチェックします。 指摘されてはじめて、「あ、ほんとだ!」と気づく人が少なくありません。 鏡は(おそらく)毎日見ておられるはずですが、か...
ブログ

おじさんのためのストレッチ(2)「体ひねり」

第二回目は、「体ひねり」のストレッチです。 中高年の方を施術して感じるのは、 ひねりの動きが固いひとが多い ことです。 特に、男性。 体幹の筋肉・筋膜が、固くなってしまっています。 そうなると、...
ブログ

おじさんのためのストレッチ(1)「体側」

おじさんは頭も固いが、からだも固い! というのは半分冗談ですが、私自身も、 「ちょっとからだを動かさなかったら、すぐ固くなるなー」 と感じております。 そこで、ストレッチです。 ストレッチといっても、アス...
ブログ

バランスボールで体の前面伸ばし

デスクワークをはじめ、日常生活の動きのほとんどは前に丸くなる姿勢で行われます。 たまには、胸からお腹にかけての体の前面を伸ばしておきましょう。 バランスボールに寝転がるだけで、簡単にできますね! 私も、体をゆるめたいとき...
ブログ

デスクワーカーにおすすめしたい「姿勢を治す瞬間技」

きょうは、瞬間で猫背姿勢を正すことができる“技”をご紹介します。 ほんとに、すぐできるので、デスクワークの方などにはぜひ取り入れていただきたいです。 では、こちらの動画をご覧ください↓ 最後の「肘のひと出し」...
ブログ

頭を背骨で支えるか、筋肉で支えるか

人間の頭の重さは、成人でおよそ4~5キロといわれます。 5キロのお米と同じと考えると、けっこう重いですね。 今回は、この重たい頭を「骨」で支えるのか、あるいは「筋肉」で支えるのかで、からだの負担が大きく違いますよ、というお話で...
ブログ

ふくらはぎが固い人は、ここを意識してみよう。

こんにちは、院長もりたです。 きょうは、「ふくらはぎが固い」「ふくらはぎがよくつる」といった方に、参考にしてもらいたいお話です。 【実験】骨盤の位置を少し直すだけ もりたカイロプラクティックでは、患者さんに鏡の前...
ブログ

巻き肩矯正は肩甲骨を動かせ【その2】

こんにちは、院長もりたです。 前回は「巻き肩矯正体操」として、肩甲骨の開閉運動をご紹介しました。 今回は第2弾として、もう二つ、簡単な運動を取り上げたいと思います。 前回と同様、いつでもどこでも簡単に...
ブログ

巻き肩矯正は肩甲骨を動かせ【その1・簡単エクササイズで改善】

こんにちは、院長もりたです。 「巻き肩を治したい」 という声は、とても多いですね。 特に女性に。 「巻き肩」は、肩が前方にまるくなっている状態。 そうなると、頭も前方に突っ込んでしまうので、必然的...
ブログ

立ち仕事中にこっそりできる効果的エクササイズ3選【姿勢も美しくなります】

「わたし、立ち仕事なんですけど、立ったままでもできるカラダにいい運動って、何かありますか?」 先日、Nさん(女性)からこんな質問を受けました。 一日何時間も立ち続けるお仕事って、ほんと大変だと思います。途中で腰が痛くな...
ブログ

オンライン面接も姿勢が肝心【秒で変わる整え方】

こんにちは、院長もりたです。 もりたカイロプラクティックのお客様には、企業の面接担当の方が何人かおられます。 今年は「オンライン面接」の話もよく聞きますね。 画面越しの面接は、選ぶ側、受ける側、ともに難しいことで...
タイトルとURLをコピーしました